1. トップページ
  2. 社員が語る #03
|     #01     |     #02     |     #03     |

インタビュー K先輩

取扱保険会社のシステム導入に対応。
事務も円滑に処理し、社内基盤を支える。

私は、事務と社内システム保守サポートを担当しています。当社独自に構築したネットワークシステムなどの保守・運用。そして、多数の保険会社見積りシステム等の導入を任されています。当社は、保険会社の取扱いが多数に及ぶ為、それぞれのシステムの特徴を勘案しながら社内ネットワークの調整も行っております。事務としての業務は、主に保険契約書類の処理や電話対応、データ入力、取引先との連携などを行っています。当社の場合は、様々な場面で、周りのスタッフやお取引先の皆様からサポートを受けるケースも多いですね。円滑なコミュニケーション能力が必要なポジションです。

当社の事業拡大を実感できる。
そのダイナミズム自体が“やりがい”。

入社して今年で9年目になりますが、当社の規模がまだ小さい頃から、ともに歩んできた感じがあります。現在は、仕事を通して「私の会社が、また一段と事業を拡大している。」その全体の動きを実感出来るところが“やりがい”となっています。事業展開の中で、私に出来ることを、経営陣と社内システムの改善などをミーティングで話し合い、決定し、実行していく。例えば“はなまる保険の店舗展開”を始めた時などは、店舗専用のシステムを構築し、社内システムを大幅に修正させる必要がありましたが、そういう企業としてのダイナミックな動きによって、仕事の充実感を、自分の肌と、現場で感じることができています。

ワーク・ライフ・バランス。
育児休暇を、2度取得し、子育てと仕事を両立。

ワーク・ライフ・バランス。一言で言っても、どこの企業でも可能というと、現実的に、なかなか難しいことだと思います。現在、私は三児の母なのですが、入社2年目で一度育児休暇を取得して、復帰後も、子育てなどがありますので、早めに自宅へ帰って、家事などするために、短時間勤務制度を活用させてもらい、会社からも、“女性の働く”を応援して頂いています。私は以前から、“仕事と家庭を両立させたい”と考えておりました。HICでは、そういった制度が柔軟に整えられています。また“女性の働く”にとって、良い社内環境を作っていくために私ができることがあると思うので、その点も努力をしていきたいと思います。

後輩たちへのMESSAGE

あきらめない心を持つ人に挑戦してほしい!

ぜひ、素直な方と一緒にはたらきたいですね。素直な気持ちというのがいい仕事をする上で重要だと思います。私の個人的な感覚ではありますが、素直な気持ちの方というのは、もちろんヤル気もありますし、周りへの気遣いもが出来る方が多いと感じています。また、仕事の上でも素直さが後押しして、何か分からないことがあったら上司・先輩などに質問することで、的確なアドバイスもらえますよね。それがいずれ大きく、役立つのではないでしょうか。何かうまくいかない場合にも「すいません、うまくいきません。」と率直に言われると、周りが「サポートしてあげよう。」と思いますから、男女に関係なく、素直な人の成長は早いものです。皆さん、構えずに、肩の力を抜いて、素直な気持ちで入社してくださいね。